© 2016 by DANCE CAFE

  • Twitter Clean

■ダンサートNo.1 (1996年1月20日発行) 32ページ/本体800円+税

Cover:LaLaLa Humansteps

●1995年FIND-モントリオール・ヌーベルダンス・フェスティバルレポート

現地取材/ラララ・ヒューマン・ステップスからカナディアンダンス、ドイツから新生サシャ・ヴァルツも登場(文:米井澄江&編集部)

▼東京ダンスシーン/国際舞台芸術フェスティバル1995の役割と展望(文:曽田修司)

【Review】ビル・T・ジョーンズ(文:曽田修司)

【Review】W・フォーサイス&コンピューター(文:門行人)

【Review】ヤン・ファーブル「死ぬほど普通の女」(文:佳手芙美)

【Review】ピナ・バウシュ「船と共に」(文:佳手芙美)

▼スペイン国立バレエ(久保正士)

▼NYレポート/1995年春のニューヨーク・シティ・バレエ(文:君島東彦)

▼東京ダンスシーン SOAP、 加藤みや子、H・アール・カオス、山口久美子(文:山野博大) 

▼特別寄稿/ダンスの力~対立と孤立の時代に挑戦する個人的なダンス~(文:ジルス・ケネディ)

▼ニュース

▼ダンサーズファイル:山口久美子

Backcover:ピナ・バウシュとヴッパタール舞踊団「船と共に」